車番認識システム

車番認識システム

監視カメラ監視カメラがホスピタリティ向上のために採用されているのは介護や医療の現場だけではありません。現在では駐車場などにも監視カメラが導入されていますし、それが顧客満足度の向上に繋がっているケースがあります。具体的にどういうことかというと、車番認識システムによって入退場の時間短縮に繋がっています。

パーキングに車を停めるとき、ゲート付近が渋滞してしまうことは多々あります。なかなか車が進まないということもよくありますし、利用者にとってはかなりのストレスになってしまうでしょう。車番認識システムを導入すればナンバープレートの数字を瞬時に監視カメラが記録しますし、事前清算機を使うことでスムーズに入退場が可能となります。

万が一利用者が駐車券を失くしてしまったような場合でも、監視カメラで車番を認識しているのですから問題はありません。従来だと駐車券を失くしてしまうと丸一日分の料金を請求されるようなこともありましたが、このシステムのお陰でそのようなこともなくなります。不正のチェックも可能ですし、導入する側はもちろんパーキングを利用する側にとってもメリットがあります。まさにウィンウィンのシステムと言えるのではないでしょうか。

介護施設での使用

介護施設での使用

おばあちゃん介護施設で監視カメラが役立っていると聞くと少々疑問に感じてしまう方もおられるでしょう。介護施設に入居している方の多くは高齢者や障害を持つ方ですし、そのような方々を何のために監視カメラで監視しなくてはならないのかという疑問を抱いた方は多いはずです。

介護施設にはさまざまな方が入居していますし、深夜に徘徊してしまうような入居者の方もいます。アルツハイマーが発症しているような方だとこの傾向がありますし、施設スタッフだけでは目が届かなくなることもあるでしょう。そこで監視カメラの登場です。現在では顔認証システムによって登録者を感知し、リアルタイムで通知ができるようなシステムもあります

あらかじめ徘徊の恐れがある方の顔写真などをデータとして登録しておくことで、カメラがその方を感知すると警告灯やスマホのプッシュ通知で知らせてくれるというものです。既にこのシステムは2014年からリリースされていますし、現在ではグループホームや特別養護老人ホーム、リハビリテーション病院などで導入されています。評判も良いようですから、今後はさらに多くの施設や病院に広がりを見せるのではないでしょうか。スタッフの労力も軽減できるはずです。

参考リンク…https://www.arobaview.com/
介護施設でも利用できる監視カメラ導入業者“アロバビュー”です。

監視カメラ活用方法

監視カメラ活用方法

カメラ監視社会と言われるようになって久しいですし、現在では街の至るところで監視カメラを目にします。こうした監視カメラが治安を保っているのも事実ですが、やはり多少の息苦しさを感じている方も多いのではないでしょうか。監視カメラと聞くとイコール防犯カメラのようなイメージを持ってしまう方もおられるでしょうが、監視カメラは防犯だけに使われているわけではありません。実は、ホスピタリティとして監視カメラを活用しているようなケースもたくさんあります。

監視と頭につくだけでどうしても防犯カメラをイメージしてしまいますが、実際には監視カメラはさまざまなシーンで用いられています。現在ではホスピタリティ向上のために監視カメラを導入しようと考える施設も増えていますし、既にホスピタリティ向上のために監視カメラを導入しているという施設も少なくありません。しかし、具体的にどのような施設でどのように使用しているのか、一番気になるのはそこでしょう。

このサイトでは、監視カメラの活用方法についてお伝えしたいと思います。既に何度もお伝えしたように、監視カメラは決して防犯目的だけで使われるアイテムではありませんし、ホスピタリティ向上に活用することも十分可能です。顧客満足度向上のために用いることもできますから、それを知っておくと今後のビジネスにも活かせるのではないでしょうか。ここでは具体的なホスピタリティ向上としての監視カメラ活用方法について記述します。